群馬県北部の沼田市に住んで、自然や美味しいもの、フライフィッシングの紹介が出来ればと思ってます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yamame249
 
[スポンサー広告
日光の小旅行 第3回目(最終回) さかなと森の観察園
日光旅行の最終日です。
ホテルで朝食を取ってからゆっくりと中禅寺湖畔を散策しました。
山の湖はやっぱり早朝の時間帯が似合うようです。
静かな湖畔の雰囲気を満喫しました。
日光プリンスホテルから程近い「さかなと森の観察園」に行ってみました。
この施設は、独立行政法人水産総合研究センター広報施設との事で堅い名前がついていますが要するに魚の養殖の研究施設を一般に開放してくれているようです。
僕は、魚釣りが好きなのでこういった施設には興味深々なんですが実際入ってみると特に魚類に興味がない人でも充分楽しめる施設でした。
入園料金300円を払うとパンフレットと魚の餌がワンカップもらえます。園内のところどころに魚の養殖池があってそこで餌を撒くことが出来ます。
2007070716.jpg
園内には自然が一杯で、ただ散歩するだけでも充分楽しめます。
クリン草がまだまだ元気に咲いていました。
ホテルや中禅寺湖周辺にもクリン草が綺麗との情報でしたが7月上旬では少し時期が遅くてがっかりしていましたがさかなと森の観察園にはまだまだ元気に咲いていて思わぬところでクリン草を満喫できました。
2007070715.jpg
僕が一生懸命写真を撮っていたら係員の人にも気軽に声を掛けていただいて園内の植物のことも教えていただきました。

DSC_0084.jpg
本来は魚の施設ですからもちろん淡水魚(特に冷水魚)がたくさん飼育展示されています。

DSC_0088.jpg
中にはこんな珍しい魚も・・・・。
実はチョウザメです。キャビアで有名なあの魚が・・・。結構不気味です。

DSC_0098.jpg
虹鱒類はたくさんいて、受付でもらった餌を撒いてやると元気に飛び跳ねます。

魚に興味がある人はもちろん、それ以外の人も立ち寄ってみると楽しめる施設でした。
園内を散策して日光の小鳥の声に耳を済ませて見るのも良いものです。

DSC_0096.jpg
避暑地としても歴史も感じさせる日光のやさしい森の中に身を置くとなんだか癒される気がします。

さかなと森の観察園を出てからすぐ近くに「竜頭の滝」がありましたので立ち寄ってみました。
思ったより歩かずに見学できました。
DSC_0108.jpg
お茶さんの展望ベランダみたいなところから滝を眺めることが出来ます。

その後は、光徳牧場、湯の湖に寄り道しながら帰路に着きました。
今回の日光旅行は、予報に反して天気にも恵まれ良い旅になりました。
特に行く先々で綺麗な花や植物に出逢えたのが印象的でした。

DSC_0035.jpg
赤沼茶屋のニッコウキスゲです。

群馬の片田舎に住んでいる僕でさえ手付かずの自然に触れる機会が失われているような気がしますが今回の旅のようにまだまだ日本には美しい自然が残されています。
実際に見て触れるところからエコロジーの気持ちが生まれてくるのだろうと感じました。

また近いうちに出掛けたい、奥日光の小旅行でした。

スポンサーサイト
Posted by yamame249
comment:2   trackback:0
[日々の雑事
comment
クリン草はかわいらしい花ですね。
こんな素敵な自然を残していけるようにしないといけませんね。
2007/07/16 23:14 | | edit posted by あや
クリン草は以外に・・・。
あやさんへ
クリン草は以外に背が高いんですよ。
ひょろりとしていてその先に綺麗な花が咲いている感じです。
いつまでも残したい自然ですね。
2007/07/17 13:01 | | edit posted by UROKUZU
comment posting














 

trackback URL
http://yamame249.blog78.fc2.com/tb.php/54-f45aab36
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。