群馬県北部の沼田市に住んで、自然や美味しいもの、フライフィッシングの紹介が出来ればと思ってます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yamame249
 
[スポンサー広告
続・釣の気分 ロッキーの川、そして鱒たち
前回に引き続き、またしてもフライフィッシング関連書籍をAmazonで購入しました。

rokki-_20110126163147.jpg


これもいまさら説明の必要の無い、永遠の名著「ロッキーの川、そして鱒たち」 佐藤 成史 著

フライフィッシャー誌に連載された、アメリカ・スプリングクリーク巡礼記に修正加筆を行い、新たに書き加えられたロッキー山脈を流れるスプリングクリークのマッチ・ザ・ハッチに関する旅情豊かな巡礼記です。

佐藤さんは、地元群馬県前橋市出身のフライフィッシング・ジャーナリストで自然保護活動、管理釣場などで友人を通じて何度かお会いしたことがありますが、フライフィッシングへの情熱と造詣の深さに関しては、間違いなく日本を代表するフライフィッシャーと言えるでしょう。

何よりも佐藤さんの優しさと、フライフィッシングに対する愛情があふれる文章が大好きです。

各章毎にアメリカを代表する河川が紹介されますが、そこで繰り広げられるフライフィッシングの難しさや奥深さ、アメリカと言う国の広大さ・・・・。

日本の渓流域におけるフライフィッシングとは、別次元と言って良い位のフライフィッシングの世界を読み進むにつれ、アメリカへの旅の欲求が募ります。

もちろん、日本の渓流にはアメリカにも引けをとらない良さもある事を前置きして置くことも忘れずに、アメリカのフライフィッシングは素晴らしい!!事を満喫できる素晴らしい本です。

いつの日にか、ロッキーのスプリングクリークに立つ自分を想像(妄想?)しながら今シーズンの解禁を待っています。
スポンサーサイト
Posted by yamame249
comment:0   trackback:0
[フライ・フィッシング

thema:フライフィッシング - genre:趣味・実用


comment
comment posting














 

trackback URL
http://yamame249.blog78.fc2.com/tb.php/228-debca702
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。