群馬県北部の沼田市に住んで、自然や美味しいもの、フライフィッシングの紹介が出来ればと思ってます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yamame249
 
[スポンサー広告
今シーズンの釣納め 日光湯川のブルック
DSCN0677.jpg

群馬県内の渓流釣は、9月20日をもって禁漁期間に入ります。
釣をしない方にはなじみが無いかも知れませんが、渓流魚(ヤマメ、岩魚)が産卵時期に入る9月末~翌年の2月末までは、魚釣りが禁止になります。
資源保護のために必要な措置ですね。
フライフッシャーにとっては、少し寂しい時期ですが今シーズン最後の釣に何処を選ぶか考えた結果、9月末日までで禁漁期に入る栃木県の日光湯川に行ってきました。

大型連休の中日と言うことで赤沼駐車場は満車で30分程の待ち時間でした。
釣人よりもトレッキングの人が多いですね。
老若男女さまざまな方が日光の自然を楽しんでいます。
木々の紅葉はまだまだですが、草紅葉が盛んで全体的に秋の雰囲気は満開です。
気温も10度~15度と涼しい感じで、薄手のアウターが必要です。

DSCN0675.jpg

事前のリサーチどおり川のコンディションはいまいちです。
水量が少なく淵には落ち葉が集積しています。
赤沼茶屋から入渓して青木橋までの間は、ほとんど魚の気配がありません。
ライズはおろか、泳いでいる魚の姿が確認できません。
初夏にはあれだけの数のブルックトラウトが確認出来たのに・・・・。
産卵期を向かえ上流部を目指して移動してしまったようです。

DSCN0678.jpg

上流部に行くに従い、少しずつ魚の気配を確認できました。
型は小さいですが美しい宝石のようなブルックトラウトに出会えました。

DSCN0684.jpg

ため息が出るほどに美しい貴重な渓流魚です。



この日は、数匹のブルックで仕方が無いかなと思っていたんですが、ある場所に来たら雰囲気が一転しました。
そのポイントだけ明らかに魚の活性が高く、盛んにライズ(虫などを捕食する行動)を繰り返しています。
フライを流すとあっという間にまずまずの型が釣れました。
その後も数匹の魚を追加しても一向にライズは収まりません。
結局、一つのポイントで10匹以上の良型のブルックを釣り上げました。

今シーズンの最後に神様のプレゼントでしょうか。
長く釣をしていると、不思議とこんな時があります。
自分でも不思議に思うほどに簡単に魚が釣れてしまう時間帯というか、間があるんですね。

今年最後のフライフィッシングを充分に満喫して5時前に帰路に着きました。

デジカメの動画モードでライズの様子を撮影してみました。
解りにくいと思いますが、数回のライズが確認できると思います。

[高画質で再生]

湯川のライズ

[広告] VPS

来年も良い釣が出来ますように。
スポンサーサイト
Posted by yamame249
comment:2   trackback:0
[フライ・フィッシング
comment
フィナーレ
普段の行いがいいんでしょうね。
シーズンのフィナーレとしては理想的。羨ましい限りです。

今回の槍ヶ岳登山は蒲田川の源流域を登って行きます。
覗くとゆうに尺を越えるイワナが悠然と・・・^^;。

湖でリベンジしたいと思っています。
2009/09/25 18:10 | | edit posted by かわせみ
Re: フィナーレ
9月の湯川は、低調を覚悟していたんですが嬉しい誤算でしたね。
全体を通しては、あまり良いシーズンとは言えませんでしたが時々は嬉しいときもありました。

湖は、野反湖とかですかね。

それにしてもkawasemiさんのブログには驚きました。
山にも渋滞があるなんて・・・・。
2009/09/26 00:06 | | edit posted by yamame249
comment posting














 

trackback URL
http://yamame249.blog78.fc2.com/tb.php/214-8f543fd8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。