群馬県北部の沼田市に住んで、自然や美味しいもの、フライフィッシングの紹介が出来ればと思ってます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yamame249
 
[スポンサー広告
日光 湯川 雨にたたられ・・・・ブルックトラウトに会う為に
日光湯川にブルックを釣に行ってきました。 

6月の湯川だけは、毎年の恒例にしています。
ハイカーや、観光で賑わうこの時期は、出来れば平日の釣行にしたいですが、勤め人の悲しさであらかじめ天気までは解りません。
6月17日の金曜日に休みを取りましたが、残念ながら予報は雨・・・・
事前の予報よりは、雨脚は弱いものの群馬県を出発してから結局一日中、弱い雨が降り続きました。

湯川20110617-2

なんとなく事前の準備不足感があって、釣り場に着いても落ち着きません。
川と一体になれないような、そわそわした様な・・・、こんな感覚なんとなくわかりませんか。

嫌な予感が当たって、着いて早々にやっちゃいました。
ライズが無いからと早々に手を出したルースニングのマーカーを倒木に引っ掛けて、湯川を汚したくないのと、マーカーを回収したいので倒木づたいに川に入ると、ズボン、下半身水没です。
ショート丈のベストなので道具類は、何とか助かりましたが、これで一日ずぶ濡れ決定・・・
気温10度ちょっとの気温の中、かなりテンションが下がります。

釣の方もパッとしません・・・
散漫なライズを狙って釣りあがりますが、小さなブルックをドライで1匹とニンフで1匹がやっとでした。

それでもドライの一匹は、青木橋下流の木の根っこポイントで上流側から送り込んだCDCダンを綺麗にくわえ込んでくれました。

この一匹で救われた感じがしましたが、夕方の一時だけ川との一体感を感じられた場面で、綺麗にフライをくわえたのが尺近いウグイで、この日の悲しい締めになりました。

戦場ヶ原は、ズミの花が満開で雰囲気バッチリです。

ズミの華

ワタスゲもピークを過ぎたとはいえ、一面を白く飾ってました。

戦場ヶ原20110617

この日は、赤沼からエントリーして青木橋より500m程上流まで釣りましたが、10時に現地について駐車場はガラガラでした。
週末の状況は解りませんが、平日は釣り人も少ないようでした。
10時から17時までの釣で、ライズは10時過ぎから15時までで、ハッチは複合です。
14時以降にモンカゲロウのハッチもありましたが、魚は余り意識してないようでした。


湯川20110617-1

天気しだいで気温もかなり違うでしょうから、ハッチの状況も変わって来ると思います。
今年は、2週間ほど季節が遅いとの話もありこれからが盛期かもしれません。

ヌカカも出てるそうなので、虫除けが必要かもしれません。

このリベンジは、近いうちに必ず・・・・

とりあえずピンバッチも貰ったので、まぁ、良かったかな。
スポンサーサイト
Posted by yamame249
comment:4   trackback:0
[フライ・フィッシング

thema:フライフィッシング - genre:趣味・実用


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。